2015/自主ゼミ

線形代数学続論

概要

代表者
三浦(みゅらー)
分類
数学
形式
発表形式
内容
線形代数学の固有値、ジョルダン標準形以降の話とテンソル代数
日程
木6
教室
附属図書館共同研究室1または2
参加人数
4人

予定

  • 第1回は5/7(木)。

担当

  • IV.§1 三浦(みゅらー)
  • IV.§2 岡村?(海鮮丼)
  • IV.§3V.§1 かみさん
  • IV.§4V.§2 角田(ゴジラ)
  • 以降順繰りに。

報告

  • 5/7(木)
    • IV.§1とIV.§2。P141までやった。P136のABの固有多項式=BAの固有多項式になる証明がよく分からなかった。
  • 5/14(木)
    • IV.§2。P144までやった。P144のN_iが冪零になる証明がよく分からなかった。
  • 5/21(木)
    • IV.§2。P147までやった。P144のN_iが冪零になる証明を理解した。実際に行列を準単純行列と零冪行列(この2つは可換)の和に分解するのはそう簡単にいかないらしい。
  • 5/28(木)
    • IV.§2終了。Jordan標準形がやっと分かった。次回は線形代数学続論の中間試験対策をやる。
  • 6/4(木)
    • PandAに上がっている演習問題を解いた。
  • 6/11(木)
    • V.§1。P195までやった。双対空間よくわからない。

文献 / 関連項目

  • 『線型代数学』(裳華房) 佐武一郎

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-06-12 (金) 19:23:40 (893d)