2017/自主ゼミ

L.D.ランダウ,E.M.リフシッツ共著 場の古典論

概要

代表者
ゆきはる
形式
発表形式
日程
前期 火3-4限(13:00-15:00)
内容
一般相対論;重力場の諸性質,重力波,要望があればその下での物体の振舞いも話題とする.
主としてランダウ・リフシッツ共著『場の古典論』における10-11,13,12章に対応する.
教室
S自BOX
参加人数
3人(B2 1, B3 2-3?)

予定・報告

  • 5.23(火):第0回 @S自BOX.
  • もう1,2人くらい来ると賑やかになり.うる.
  • 主に第11章を掘り下げて回していく.Apx.的に興味深い各論を入れる.余力があれば第13章も.
  • 5.30(火):第1回
  • §.81,82,83-87.重力場の導入.(曲面上での)力学の復習.
  • 6.6(火):第2回
  • §.88-90.重力場の諸性質
  • 第3回以後
  • §.91-(第1,2回の様子を踏まえ適宜調整)

文献 / 関連項目

  • L.D.ランダウ,E.M.リフシッツ共著『場の古典論』

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-23 (火) 16:12:07 (4d)